ビフォー&アフター:茶庭の剪定

街の中に市中の山居を作ることをコンセプト7年前に作った庭ですが 庭を作った当初に比べ 7年という時間を経て しっかりと茂っています。 もちろん毎年 庭木の剪定は していますが森を作るということで毎年 弱剪定を繰り返していましたが 施主様の茶花や山野草を大切にされている思いを大切にし今年の夏は しっかりと夏剪定をして山野草たちに太陽を取り入れるようにしました。剪定後は植物たちの輪郭が存在が しっかりと見え夕方の庭に心地良い風が吹いています(^^) 改めて庭木の管理作業の大切さを感じた一日です。 明日も良き一日でありますように ビフォー アフター

びわ湖を見ながらソフトクリームで ひと休み(^^)

木曜、金曜日と一泊二日 大津市での庭仕事。暑さに負けそうに なりながらも オンとオフをしっかり楽しんでいます。夜は温泉で疲れを取って焼肉を食べて 昼休みは道の駅で ソフトクリームを頂いています。びわ湖を見ながら ほんの束の間の一休み(^^) 午後からも おもいっきり庭仕事 良き一日でありますように

ビフォー&アフター:滋賀県で庭仕事

びわ湖が見える閑静な住宅街での庭仕事 長い時間を経過して植物たちが あまりにも大きく成長し過ぎていたから おもいっきりサイズダウンの庭木の剪定しました。成長し過ぎた場合においては 何年かに一度は強いめに剪定することも おすすめです(^^) ビフォー アフター 豊かに時を刻む「家族と育つ庭」を 庭のソムリエ 季節の詩 石坂 拓司 https://www.kisetsunouta.co.jp

数寄屋の庭の 庭仕事

今日は朝から河内長野市で数寄屋の庭の植物たちのお手入れです。 御屋敷の中に広間のお茶室と本格的な庵のお茶室が二つ計三つの茶室があり 施主様御自身が何よりも茶道を植物を愛されていますから日常のお水やりも雑草抜きもされているから植物たちは何時我々がお庭に行っても笑顔で迎えてくれます。 今回は大きな庭木が茂り過ぎたので 下草に低木にコケたちに太陽が程よく当たるよう夏剪定しました。 植物たちが何を望んでいるか? しっかりと植物たちの声を聞くことからスタートです(^^) 今 庭仕事終わり帰り仕度していますが 帰り際は いつも植物たちの笑顔に胸が熱くなります。 明日も庭仕事 良き一日でありますように(^^) 豊かに時を刻む「家族と育つ庭」を 庭のソムリエ 季節の詩 石坂 拓司 https://www.kisetsunouta.co.jp

置き型水琴窟の庭

3年前 神戸市の閑静な住宅街で 黒ピンコロ石を積み その中に水琴窟を作りオブジェとしても お庭を訪れる方にもサプライズで水琴窟の生音を聴いて頂ける庭園です。L字型の敷地の大半を枯池と流れを作り そうでない部分は コケを張り砂利を敷きシンプルな庭が完成してから3年という月日が過ぎました。小さく植えた植物たちも少しずつ大きくなってきています。 水琴窟の音を聴きながら 風の香りが美しいです。 キキョウの紫がまぶしいです(^^) 水琴窟の音色 石坂 拓司

羽田空港内の緑化

先日 羽田空港内で伊丹空港まで帰る時間がたくさんあり居場所を探していたところ植物たちが素敵な場所を教えてくれました(^^) 第1旅客ターミナルビル内2F出発ゲートラウンジ横の屋内庭園です。 アナナスやゴムノキやガジュマルやヤシノキなど たくさんの観葉植物たちが笑顔で迎えてくれ長旅の疲れを癒してくれました。 いつでも 何処でも 誰でも優しく笑顔で迎えてくれる植物たちに 大感動、大感激です(^^) もっともっと家の中に オフィスに ショッピングモールの中に ステーションに植物たちがあれば もっともっと優しい素敵な風が流れます。 良き一日でありますように

ビフォー&アフター:カイヅカイブキの剪定

本日は西宮市にある禅寺さんの剪定作業でした。5年間剪定せずのカイヅカイブキをスマートに涼しげに夏らしい剪定をしました。 ビフォー アフター カイヅカイブキは伸びっぱなしにしておくと通常と違う葉が出ることがあります(トゲトゲとした杉のような葉です。 このトゲトゲとした葉は根元から切り取る必要があります。 ほおっておくとどんどん広がっていき見た目も汚くなりますよ。 トゲトゲとした針葉が出ることを『先祖返り』といいます。 一度先祖返りした葉は元に戻らないのでこま目に軽く剪定を繰り返すと カイヅカイブキは理想の形に近づけることができますよ。 。。。それにしても成長が早いカイヅカイブキ 今年の枝 5年後 5年間放置された徒長枝は最初は小さかったのが、5年でここまで大きくなります! やはり剪定は大切です(^^) 竹原 諒

観音さんと庭仕事

連日の暑さに負けることなく今日も西宮市の寺院で庭仕事でした。 小まめに休憩を取りながら新入社員のリョウは剪定した枝をエンジンチェーンソー使って軽トラックの上で全開です(^^) 社会に出て 初めての夏  がんばれリョウ!! 力を入れ過ぎずに オンとオフを大切に 心に余裕を持って暑い夏を楽しもうぜ(^^) 明日も観音さんと庭仕事 良き一日でありますように(^^)

豆知識:アジサイの剪定

昨日は芦屋市の邸宅の庭仕事でした。南側に主庭があり 北側にはアジサイの空間の坪庭があります。 毎年見事に咲いてくれるアジサイたちに「今年も 綺麗に咲いてくれて ありがとう(^^) 来年も お願いします」と伝えながら スタッフの竹原と剪定しました。 咲き終わり旬が過ぎた頃がアジサイの剪定する一番良いタイミングです。 葉っぱの2枚から3枚下にある少し充実した花芽の上で剪定してください。 見事な綺麗な優しいアジサイが咲いてくれますから アジサイさん ありがとう(^^)

ベランダに和風庭園?

新しいオフィスのベランダに和風庭園を作っています。 石灯篭を据え 手水鉢を置き 飛石を打ち 景石を据え 和室に来られた方が日本の美意識を感じとって頂けますようにと作りました。 水を打ち 風鈴の音が聞こえると夏の暑さも少しは和らぎます(^^) 狭いところでも どんな場所でも心地よい空間は作れます。 いよいよ夏本番 涼しさを楽しみながら日本の夏を満喫しましょう!!(^^)

夏のコニファーの剪定

今日は西宮市にある保育園さんの庭木の剪定です。 7年前開園された時に植えたコニファーたちが元気に育っています。 北向きの花壇とはいえ ブルーベリーもイチゴも元気でした(^^) 剪定の方法は葉っぱを刈込みだけではなく 樹木全体に太陽があたるように枝を透かしながら剪定することがポイントです。 剪定する時は 剪定することで穴を開けることを怖がらず程良い空間を作る気持ちで剪定してください(^^)

ビフォー&アフター:サワヤカな風が吹く庭

今日は朝から苦楽園で邸宅での庭仕事 季節の詩の事務所の近くでした。 日当たりが良くて 土も肥えているから植物たちは伸び伸び放題です(^^) ビフォー いくら健全に育っていようと 窓を開けたら雑草が茂り庭木が茂り過ぎていたら少しだけ気持ちが重くなります。 お盆には たくさんの御親戚が集まられ 庭を見て食事会されるので毎年この時期に少しだけ強く剪定します。 アフター 風が通り サワヤカな風が夕方の庭に吹いてきました(^^) 明日も庭仕事 良き一日でありますように -------------------------------- とびきりの笑顔に包まれた「あなたの家族と一緒に育つ庭」を(^^) 庭のソムリエ 季節の詩 石坂拓司 --------------------------------

ビフォー&アフター:ラインを出すケヤキの夏剪定

本日は苦楽園にある邸宅の庭木の夏剪定でした。 玄関にあるケヤキが元気に葉っぱを伸ばしていたので、少し幹吹きや枝を抜いてあげると涼しく感じられます。ケヤキを面で見るよりも ケヤキの枝振りをラインで美しい線で見せることがポイントです(^^) ビフォー アフター 手入れしてもらいケヤキも涼しげです! 竹原 諒

ベランダガーデンの夏景色

昨日 ベランダガーデンの植栽でした。 (^^) 植物には夏には夏の景色がありハイビスカスやクロサンドラやジニアやインパチェンス、ペチュニアやマリーゴールド、サルビアやトレニア 見てる私たちを元気にさせる原色の色が多いです。 先日「綺麗の法則」を三笠書房から出版された福井美余先生のベランダは日々のお水やり、花柄摘みをいつも綺麗にされているからこそ いつ我々が訪れても 植物たちの笑顔で一杯です(^^) 春色から夏色への模様替え 是非 夏色のお花を植えてください(^^)

スライドムービー:法人設立3周年記念

プロカメラマンの久保さん(コヤワークス)に撮影していただいた写真で、ウェブサイトでご紹介しきれないほど、植物のみずみずしい姿や私共の働く様子等沢山の写真を撮ってくださいました。スライドにしてみましたので良かったらご覧ください。 -------------------------------- とびきりの笑顔に包まれた「あなたの家族と一緒に育つ庭」を(^^) 石坂拓司 --------------------------------

アラカシの高生垣の効果

高生垣は家からの自然的な景観を感じられ、また外敵から身を守る防犯機能で安心して暮らすことができます。 庭は人が安心して暮らせる、外と内の重要な境界空間です。 生垣以外では例えば石垣、竹垣、土塀など仕切る方法はたくさんありますがこの仁川という六甲山の山々を感じられる土地においては自然的な景観が家から楽しめる高生垣が一番良いと考え設計者はアラカシにしたのだと僕は推測します。古いお庭の構成を推測することは、庭を造った当初の景色を維持するために大切なことです。 石坂暢琢

小雨も気持ちいいです(^^)

朝から今にも雨が降り出しそうな中 西宮市内で庭木の夏剪定でした。 瓦塀に上がって次男のマサタカとカシの木やコメツガの木を剪定中。 若い庭師さんたちが イキイキと庭仕事する姿を毎日間近に見れることの幸せでいっぱいです。 梅雨空のムシ暑い中 小雨が降り出して とても気持ちいいです(^^) 明日も庭仕事 良き一日でありますように 石坂  拓司

WEB完成記念&事務所移転お祝いパーティー(^^)

昨夜 新しいホームページ完成のお祝いと事務所移転お祝いと株式会社季節の詩法人となって3周年のお祝いを スタッフ全員と ホームページを作って頂いた祝デザインのはにださんと いつもお茶のお稽古を受けている師匠の木村彩先生と スタッフがマナー研修を受けている古賀先生をお招きして ささやかながら楽しいひとときを迎えることができました。 新しい時代に向かって 植物を通して命の大切さを植物の魅力を伝えること 庭空間を通して家族の絆の庭作り 家族の大切さを伝えることが(株)季節の詩のお役割です。 毎日コツコツと庭仕事同じことの繰り返しですが皆様のお役に立てるよう日々精進してまいります。 今後とも 新しく生まれ変わった季節の詩を どうぞよろしくお願い致します。 (株)季節の詩 石坂 拓司

初スイカ(^^)

庭仕事の休憩に お客様からスイカを頂きました。 スタッフのオグチャンもマサタカも今年初のスイカらしく食べる前からハイテンションです。 熱中症になりそうな 暑い昼下がり 絶妙なタイミングのスイカで生き返りました(^^) 松のお手入れが順調に進んだのもスイカパワーのおかげです。 H様 ありがとうございました。 明日も庭仕事 良き一日でありますように

事務所移転とWEBリニューアルのお知らせ

この度弊社は移転いたしました。 移転に伴いウェブページやユニフォームも新調し スタッフ一同気持ちを引き締めて毎日 庭仕事に励んでいます。 アクセスはこちら ウェブページは、今の時代に適応したSNSとの連携と、スタッフ全員が スマホからタイムリー&簡単&手軽に更新や修正ができる方法に改善しました。 写真撮影はコヤワークスの久保さん、ディレクションは祝デザインの はにださんにお願いしました。 植物瑞々しさと庭空間の楽しさ、それに真っ直ぐで明るいスタッフの庭仕事の様子を引き出して頂けたことが何よりも幸せです。 これからも変わらずお引き立ていただけますよう よろしくお願い申し上げます。 ウェブサイトはこちらから -------------------------------- とびきりの笑顔に包まれた「あなたの家族と一緒に育つ庭」を(^^) 庭のソムリエ 季節の詩 株式会社 季節の詩  代表取締役社長 石坂拓司 --------------------------------

アーカイブ
まだタグはありません。

​株式会社 季節の詩 662-0084 兵庫県西宮市樋之池町 20-7-102

TEL 0798-70-2680

Copyright2013 株式会社 季節の詩

All Right Reserved.