2020/04/23

Please reload

​最新記事

イノシシの仕業!?Who did it?

2020/03/22

 

 植栽帯に穴がたくさん。。。

 

 

イノシシの仕業に見えますが、西宮浜にイノシシは現れません。誰の仕業でしょう?

お察しの通り我々です。植栽地を耕しております。

 

こちらの写真で、まるでイノシシにほじられたような痕跡が残っておりますが、

 

西宮浜の集合住宅にて植栽帯のリニューアルを行っています。オープンから今日まで20年間耕耘されることのなかった土地を耕し、新たに植物を植えられる環境づくりを行っております。

 

 作業前はこんな状況です。

 

そもそもこのカンツバキの植栽帯は長年、強剪定をされ続けた結果、多くの株が枯れ込んでしまったのです。

その枯れた空間の株元に一面「雑草」と一般的に呼ばれる一年草や多年草に覆われており、現在のような姿になっていました。

 

 

50m以上ある植栽帯の手抜き除草&抜根&耕耘を手仕事で行うのは、大変根気のいる作業でしたが人海戦術で端から端まで徹底的に作業しました。

 

 除草作業の次は土壌改良です。粘土混ざりの土壌(真砂土)には砂を加えることが最も効果的なため、現地土に砂、腐葉土、パーライトをブレンドし、植栽していきます。

 

 

 

植栽後の写真です 。500株のカンツバキをいかに美しく植えられるか。植潰しのような空間でも、1本1本の木を美しく植えるよう心掛けて丁寧に作業した今回の仕事は「祈り」そのものでした。

 

この植栽地からでも植物の美しさを感じ、喜びを受け取ってもらいたい願いが職人のエネルギーとなり、空間の最終仕上がりに反映されているように思います。

 

いままで敷地西側のこの空間は最もビューポイントの少ない単なる植栽地でしたが、このように木一本にまで配慮し、株元の草を除草することによってカンツバキが群でも、個でも美しく感じられるようになりました。

 

 気持ち一つで美しくもなり、荒っぽくなるような仕事だからこそ、我々は誇りを持って仕事を遂行すべきだなと再確認しました。

 

毎日の仕事から大切なことを感じ取り、美しい空間を造り続けられる集団にこれからもスタッフ一同精進してまいります。

 

 

 

石坂暢琢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

アーカイブ
過去のブログはこちら

​株式会社 季節の詩 662-0084 兵庫県西宮市樋之池町 20-7-102

TEL 0798-70-2680

Copyright2013 株式会社 季節の詩

All Right Reserved.