​株式会社 季節の詩 662-0084 兵庫県西宮市樋之池町 20-7-102

TEL 0798-70-2680

Copyright2013 株式会社 季節の詩

All Right Reserved.

Please reload

​最新記事

最近の休日の過ごし方&マツの紹介

2019/10/27

天気の良い日曜日でしたね。 

 

 

技能五輪国際大会も終わり、残り半年の学生生活を、卒論に課題に終われながら過ごしているこの頃ですが、こんな空の色を見たら狭い部屋でパソコンなどさわっていられません(笑)

 

 

そういう今日も砧公園にいました。

 

 

 

 

 

最近の休日は都内のお気に入りの場所で読書など、一人で考える大切な時間にしています。

本を読むという同じ行為なのですが室内で本を読む時とはまた違った感じがして、すごく集中できるんです。

 

今日は砧公園ですが、都内でよく行く公園は新宿御苑や明治神宮など。こちらは新宿御苑の写真です。最近は海外からの方も多く来られていて、もう新宿なのか日本なのかどこかわからないほどです。

立ち入り可能な芝生広場や、池泉回遊式庭園があったり、温室があったり、何度来ても四季折々の風景が楽しめる、みんなが憩える素敵な空間だと思います。

 

 

このタギョウショウがある空間が私のお気に入りスポットです。

 

 

 

 

ちなみにタギョウショウとはアカマツの株立ちのことで、年を重ねると、このような木もあります。

シンボルツリーにいかがですか?下から見上げるような場所に植えると美しい角度で観賞できると思います。

 

 

今年の一月に芦屋市打出町の親王寺様でタギョウショウの株を植えました。針葉樹なので剪定をしていれば大きな株に育つことなくこのような小さな樹形も楽しめます。可愛らしいイメージですね。

 乾いた本御影石と松

の相性もいいですね。

 

環境的にもマツ類は乾燥を好むので乾いた瀬戸内気候と六甲山の土壌でも問題なく育ちます。むしろ好適地です。

 

例えばこちらの甲陽園目神山町の現場のアカマツもご紹介させてください。

 

 趣のある洋館に日本らしさを感じるアカマツの仕立樹形。じつはこのアカマツは今年の二月に植栽したものです。

 

 

 

 

先ほど新宿御苑のタギョウショウの話で下から見上げると美しい。とお話ししましたが、このアカマツこそ下から見上げるためのものです。

 

正面からは堂々とした表情を、下からは力強いアカマツの枝ぶりを楽しめます。高低差の多い阪神間の近代住宅地ならではの楽しみです。

 

 

シンボルツリーを探している。や、どんな木を植えればよいのか分からない。という方のご相談も、○○を植えたい!という方の希望も受け付けております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

アーカイブ
過去のブログはこちら