• 石坂 暢琢

逆瀬川の庭 完成 その後

本日は逆瀬川の現場へ定期メンテナンスへ行ってきました。秋の日差しが心地よく感じられた最高の日曜日でしたね!

逆瀬川の庭2公開から随分と経ってしまいました。完成と言いますか、約一年経ちましたので、その経過も見ていただきましょう!

本日のメンテナンス後の写真です。

ポスト横から、ブルーベリー、アガパンサス、ガウラ、ラベンダー”グロッソ”、ニューサイラン、ビバーナム、メギ、アジサイ”アナベル”です。

昨年の11月に植栽工事させていただいたこちらの現場ですが、昨年の施工完成写真です。

リビングから見える庭。 ここでは、自然樹形の常緑樹を希望され、このフェイジョアを植栽しました。

タイルの人工的なカタチや質感と、植栽帯土留めの石積みが醸し出す雰囲気、自然素材の質感が調和し、美しく感じます。

石積みの施工は竹原君が美しく仕上げてくれました!

車止めのスペースはこのようなカタチで、車が美しく見えるように植栽しました。

使用植物は、ドウダンツツジ、ハイビャクシン(バーハーバー、ウィルトニー、ブルーパシフィック)の三種類、フイリヤブラン、コクリュウ、既存のクリスマスローズの5種類です。

単調な植栽で、少ない種類でも空白地のグラベル(砂利)が植物を引き立たせます。

約一年経ちどのような具合かと申しますと、予想以上に伸びていない。。。

さすが関西の土ですね。

例えば、リビング側の庭ではこのような伸び具合です。ラベンダー、ウェストリンギアなどは良い生育でした!

フェイジョアはまだもう少しかかかりそうでした。

afterです。 ラベンダー”グロッソ”は垂直方向に勢いよく伸び、花穂も垂直に伸びるため、定期的に刈り込んだり、小さく剪定することで美しく維持できます。

作業前の写真のように伸び放題になってしまうと垂れ下がり地面に接触しているところが蒸れてしまったり、病害虫が発生しやすい状況を招きます。

玄関前は良い感じで成長してきております。 写真中央のニューサイランは身長、ボリューム感ともに、年々良い株に成長する種なので植栽当初小さくても心配ありません。

これから成長していく植物たちの成長を手伝うような感覚でメンテナンスしていきたいなと思います。

ローメンテナンスの庭はこれからますます需要が高まるような。。そんな気がしております。

投稿者:石坂暢琢

アーカイブ
過去のブログはこちら

​株式会社 季節の詩 662-0084 兵庫県西宮市樋之池町 20-7-102

TEL 0798-70-2680

Copyright2013 株式会社 季節の詩

All Right Reserved.