• 石坂 暢琢

甲陽園の庭 完成

おはようございます。 ものすごい大雨ですね。

 普段の雨くらいだと現場に出るのですが、さすがに昨日の大雨では仕事にならないということで昨日はお休みさせていただきました。

本日の記事は「甲陽園の庭 完成」です

今回この空間で求められたものは、施主様が心地よい空間はもちろんですが、もうひとつ、「来訪者を迎えられる庭」です。

彼が覗き込んでいるところから見える景色です。

来訪者は訪れて、まずは庭を見ます。

そしてただ美しい庭がそこにある。というよりも西宮甲陽園に来たんだと強く印象つけられるような空間であれば良いなと考えました。

ガラガラッと本御影石が転がる様は六甲山の風景を感じます。この石は苦楽園、芦屋、目神山などの造園工事で出土した石を保管しており、それを使用しました。

夙川の上流の風景 奥に見えるのが六甲山系  

移植したレモンもオリーブもようやく植栽できました!この地に馴染んでまたおいしい実をたくさん実らせてほしいですね!

ナンテンの葉を浮かべてみました(笑) このようにお花を浮かべてもいいですね。

四季の移ろいを植物の様々な変化を通して楽しんでいただけたら嬉しいです。

西宮で生まれ、育ったことで私の原風景は六甲山でいっぱいです。

そんな私はこの地域での庭造りには特別な想い入れがあるので、今回施主様に設計を任せていただけたことは非常にうれしいです。

まだまだ未熟ですが、これからも日々精進してまいりますので何卒よろしくお願いいたします。

石坂暢琢

アーカイブ
過去のブログはこちら

​株式会社 季節の詩 662-0084 兵庫県西宮市樋之池町 20-7-102

TEL 0798-70-2680

Copyright2013 株式会社 季節の詩

All Right Reserved.