• 石坂 暢琢

今の時期に多いアブラムシについて

最近はとっても陽気な日々が続いており、春から初夏へと移るように感じます😳

今は植物にとって落葉樹も常緑樹も今が伸びる時期です。いろんな植物が若芽をグンと伸ばす時期ですが

その伸びている茎や枝などをじっくり見てみてください!!

実は、今の時期にアブラムシと言う虫がものすごく繁殖しているんです。

例えばこの木も、一見なにも問題ないように思うがかなりアブラムシに吸汁害を受けております。

肉眼でも見えるのだが、どんな虫がこの木を害しているのか確かめたくて顕微鏡で観察しました

こんな虫が植物の茎や葉柄などとにかく今年の春から出た新芽につきます。

ではなぜアブラムシはこの時期に多く発生するのか。 それは、今植物の先端ではアブラムシにとっておいしいことが起こっているのです。なぜなら窒素が枝先や新芽に集まり葉や枝を大きく長くしているからです。

アブラムシが成長繁殖するために必要なアミノ酸が今の時期の新芽にはたくさん含まれているのです。

アブラムシにとってはこの時期は最高の季節ですよね(笑)

このアブラムシですが放っておけば新芽が上手に成長しないだけでなく、そのアブラムシの糞で葉の上が汚れすす病を引き起こしたり、ウイルス病を媒介するので本当に植物にとっては天敵だと思ったほうが良いです。

市販の薬では「スミチオン乳剤」や「オルトラン乳剤」などを使用します。他にも無能医薬で対処したい場合は濃い牛乳などを霧吹きで直接アブラムシにかけるなども効果はあります。

僕も多肉植物を栽培していたときに牛乳で対処しましたがかなり効果は大きかったです。

とにかく早期発見がカギです!!アブラムシは毎日自分のクローンを数匹作るので驚くほど速く繁殖してしまいます。

石坂暢琢

アーカイブ
過去のブログはこちら

​株式会社 季節の詩 662-0084 兵庫県西宮市樋之池町 20-7-102

TEL 0798-70-2680

Copyright2013 株式会社 季節の詩

All Right Reserved.