• 石坂 暢琢

春の剪定作業

庭木の骨格作り剪定のビフォーアフター紹介です。


長年刈り込まれてきたお庭の樹を風通し良く剪定していきます。


作業前です。




造形的に刈り込まれ続けてきた樹たちは、枯れ枝や不要な枝ごと剪定されているため、風通しが悪くなっていますので、まずは枯れ枝、そして不要な枝と判断できるものから取り外してやります。


アフターです。










庭木は自然の樹木とは違い、人工的な環境のため人が手を入れる必要があります。


とはいえ樹木は生命なので、その聲に耳を傾け、どうして欲しいかを感じとります。バランス感覚が大切です。



ツツジ類が咲き終わり、針葉樹の伸びが安定してきた頃に次回は初夏の剪定を行います。



アーカイブ
過去のブログはこちら