希望しかないやんか^^

いよいよ7月のスタートです⭐️ 毎月1日は早朝から苦楽園神社さんの清掃から始め、 飯森宮司に祝詞をあげて頂き全員で大祓の詞を奏上してからのスタート!! 7月は気温の変化や蒸し暑さや気圧の変化によって体調が崩れやすいので おもいっきり旬のもの食べて、おもいっきり笑って、 おもいっきり身体動かして高め合い 暑い7月を乗り切っていきましょう⭐️ 森羅万象すべてのいのちが輝きあいますように 全世界の安寧と平和を祈りながら😊 希望しかないやんか STAY STRONG🌈

お花で苦楽園口を元気に!

昨年の空梅雨とは打って変わり、今年の雨量は梅雨本番という感じですね☂ アジサイをはじめ、世の植物たちは恵みの雨に喜んでいることでしょう。 先日は雨の中、苦楽園口駅前にあるIlish Pub the wex苦楽園口 さんの鉢植え花壇の植え替えでした。 クロサンドラ、ペチュニア、ランタナ、ゼラニウムなど何度も花が上がってくる種類ばかり選びましたので、将来的にはこんな図になるのを期待しています 駅前の看板ともいえるこの場所で溢れるほど花盛になってほしいです! #西宮 #苦楽園口 #植え替え#ハンギングバスケット

ドキュメンタリー動画「季節の詩」求人編 公開します

季節の詩Original Move第3弾はドキュメンタリー動画として求人を目的に製作しました。 今回映像を制作するにあたってフォーカスしたのは日頃より我々が大切にしている想いの部分です。 一般的に造園業とは何なのか、誰に喜ばれているのか、と大きな枠組みからでも良いし「季節の詩」ってどんなところ?と、どんな形でもこの動画にたくさんの方がヒットしてもらえるように願っております。 地球上で植物を扱い、ヒトが暮らしやすい環境を創造し提供し続けていく集団がどこを目指していくのか。製作していく段階で、私たち自身の思考も整理され、社員全員で これから始まる新時代に向けて準備万端です🏃 こちらがURLとなっておりますが、「季節の詩」と検索していただければ2~3番目に出てきます!ぜひご覧ください。https://youtu.be/eEFHoahGqdA 今後も季節の詩ドキュメンタリー動画はシリーズ化して投稿していくつもりですので、どうぞご期待ください。 株式会社季節の詩 #季節の詩 #西宮 #庭

季節の詩からのメッセージです

若い人たちへ 自分で考えて 自分で決心して 全力で立ち上がって おもいっきりシンプルに! おもいっきりド真ん中で! おもいっきり人を 地球を愛しましょう⭐️ 全力で生きよう 😊 https://www.youtube.com/watch?v=eEFHoahGqdA&t=80s youbetubeご覧ください。

霊園造園工事

2月から4月にかけて芦屋市にて霊園空間の作庭をさせていただきましたが、その一部始終をご紹介させていたきます。 霊園空間としてテーマが明確だったこともあり、今回は植栽設計が中心の計画でした。 霊園のイメージは「原始の森」です。 たくさんの方々がこの空間に訪れ、祈り、癒されるという光景を思い浮かべた時、ヒトの持つ根源的な力である「祈り」のイメージと針葉樹が垂直に立つ姿が重なり、庭の骨格は針葉樹で構成しました。それと同時に針葉樹=裸子植物であることが面白い点です。 個人的に、地球上に存在する植物の中では裸子植物やシダ植物のような維管束感あふれ、古生代を感じる植物が大好きなので、設計から施工までずっと高揚感がありました! 余談ですが、この世に存在する植物種で最も多い種は圧倒的に被子植物で25万種もあるのに対し裸子植物は800種にも満たないのです。 維管束を持つことで大きく繁栄に成功した植物の歴史ですが、現在の我々がここにいるのも、被子植物が25万種繁栄しているのも、裸子植物がいたからこその今ですが、その立役者である裸子植物の多くは絶滅してしまい、現存するのはイチョウ類、ソテツ類、グネツム類、球果類(針葉樹のこと)の4大群です。 今回の植栽設計でもグネツム類から数種類、球果類(針葉樹)から多くの植物を植栽しました。 余談が過ぎましたが、、テーマである「原始の森」とはそんな悠久の歴史を、植物の形体や質感から、ご先祖様との対話から感じられるような、どこか懐かしくあたたかみがある、霊園とは思えない公共空間を目指し名付けたものです。 作庭のプロセス第一段階のまずは敷地の丁張りから 丁張後は 、利

美しいものは いつもすぐそばにある

本日も寺院様の造園工事 手水鉢周りの筧の竹をすべて青竹に替えています。 ナタで割ったり小刀で削いだりヤスリをかけたり 竹の神様に感謝しては無駄のないよう心を込めて使わせて頂いています 美しいものは いつもすぐそばにある 暮らしの中に竹を取り入れてみてください(^^) 明日も良き一日で ありますように😊

いのちを燃やすから

本日も禅宗寺院の庭木の剪定作業。 20代、30代の社員たちがそれぞれが切磋琢磨して毎日、 空と大地の真ん中で 森羅万象すべてのいのちが輝くために全力で燃やしいます。 いのち燃やすから自分の歩く道が見えてくるねん。 若い時に どんなけ自分の執着を捨てきれるかで 後の人生観が変わる。 明日も庭仕事 良き一日でありますように 😊

若葉のように 青空の下でありがとう。

今日は終日 茶庭の管理作業でコケ張りや庭木の剪定でした。 初夏の陽射しの中さわやかな風を感じての庭仕事⭐️ 何より嬉しいのは若いスタッフさん各々が若葉のように 伸び伸びとたくましく育って来ています🌈 心とこころの庭作り 先人たちの声を聞き 植物たちの声を聞き 今日もおもいっきり青空の下で庭仕事できたことに ありがとう。 明日も良き一日でありますように😊

アーカイブ
まだタグはありません。

​株式会社 季節の詩 662-0084 兵庫県西宮市樋之池町 20-7-102

TEL 0798-70-2680

Copyright2013 株式会社 季節の詩

All Right Reserved.