いのちが輝き合う明るい未来に向かって(^^)

いよいよ今日から3月の始まりです。 毎月1日は早朝から苦楽園神社さんのお掃除をして祝詞を奏上してのスタート! 色んなニュースが流れる中 心も身体も健やかに 慌てることなく足元をしっかり見つめ 大らかに ホガラカに おもいっきりシンプルに^ ^ たくさんのいのちが輝きあいますように おもいっきり春を感じながら おもいっきり未来を感じながら 本日も庭仕事 良き一日でありますように 😊

おもいっきり祈りを込めて 若い庭師さんたち頑張っています(^^)

先日からスタートしましたお墓の緑化工事。 ウッドパーテーションを据え終わり昨日から本格的に植栽工事が始まりました。 この空間に順次お墓が建てられていくので先ずは大きな木を植えて この空間で眠りたいと この空間に来れば何か笑顔になるなって思って頂けるよう祈りを込めて木を植えています。 若い庭師さんたちが いのちをかけて全身全霊で庭仕事している姿 たくさんの魂たちに守られています(^^) おもいっきりシンプルに!! おもいっきりド真ん中で!! 午後からも良き一日でありますように 豊かに時を刻む「家族と育つ庭」を 庭のソムリエ 季節の詩 石坂 拓司 https://www.kisetsunouta.co.jp

おもいっきり祈りを込めて

若い庭師さんたち頑張っています(^^) 先日からスタートしましたお墓の緑化工事。 ウッドパーテーションを据え終わり昨日から本格的に植栽工事が始まりました。 この空間に順次お墓が建てられていくので先ずは大きな木を植えて この空間で眠りたいと この空間に来れば何か笑顔になるなって思って頂けるよう 祈りを込めて木を植えています。 若い庭師さんたちが いのちをかけて全身全霊で庭仕事している姿 たくさんの魂たちに守られています(^^) おもいっきりシンプルに!! おもいっきりド真ん中で!! 午後からも良き一日でありますように😊

食事会を兼ねたミーティング^^

少し疲れが出たのでミーティング中です(^^) 連日ハードな現場続きであったので無事故 無ケガを称賛して 少し疲れが出始めそうなので食事会を兼ねたミーティングをしています^ ^ 普段から色んなことを話し合っているから今日もまた色んなアイデアが飛び出しては大笑いです 明日も良き一日でありますように😊

庭仕事日和です(^^)

ポカポカ陽気の中 おもいっきり庭仕事日和でした(^^) 本日も寺院の霊園緑化の造園工事 ポカポカ陽気の中 絶好調です!! お昼休みに求人情報会社の取材もあり若いガーデナーさんたちのいのちが よりキラキラ輝いています⭐️ お墓、霊園の緑化工事なので、たくさんの方のいのちが輝き合うような空間を作っています^_^ 明日も おもいっきり庭仕事 良き一日でありますよう😊

霊園の緑化工事スタートです(^^)

いよいよ立春の日 新しい一年のスタート! 本日から寺院の霊園緑化工事始まりました。 住職さんからは「お墓とは思えないくらい未来を感じる お墓まいりに行くことが楽しみになって頂けるような優しくて元気が出る霊園緑化をしてください」と言って頂き本日 立春の日スタートです⭐️ タイトルは「原始の森」 人類誕生の前から存在する植物たち 人はいずれ土に還るならば おもいっきり優しい ここで眠ってみたい ここへ帰りたいと思って頂ける針葉樹が中心の緑化空間を作ろうと第一期工事にかかりました。 先ずは測量して 暗渠排水から始めています。 一瞬 一瞬を大切に 立春の日に乾杯⭐️ 良き一年でありますように😊

公共の杜 苦楽園神社(スギは貴重な地域資源)後編

お待ちかね!苦楽園神社ビフォーアフターです。 剪定前、全体の緑量が多いことと、ちらほら目に映る黄色い葉っぱの影響で荒れているよな印象を受けていました。 今回のテーマはそれぞれの木々の役割をはっきりとさせることでした。黄葉している木はイヌビワやアカメガㇱワなど生命力の強い雑木で、これらの木は苦楽園神社の空間において必要がないため伐採し、その他の常緑樹も然るべき手入れを行いました。 剪定後です。 見違える程明るくなり、本殿や参道がはっきりと確認できるので、ここは神社であるということが遠くからでも一目でわかります。 役割を明確にさせるということは、それぞれの樹の美しさを引き出すことです。 写真左の樹木はヤマモモという常緑広葉樹です。 一見、極度に切りすぎているように感じるかもしれませんが、このような強剪定を行ったのはヤマモモが適切な時期の剪定に耐え、萌芽力が強い造園樹木であると理解していたからです。 実際に、現在すでに幹や梢端から枝葉を伸ばし自身のコントロールを取り戻しつつあります。 真っ白い幹を持つこの姿はヤマモモではなくユーカリかな?と錯覚を覚える程、本当に美しい樹木です! 剪定作業に至るまで越木岩神社の宮司さまと何度も打ち合わせを重ねたことで、思い切った剪定ができました。 剪定後すぐは見慣れない景色でしたが、今となってはこの明るい苦楽園神社が地域に馴染んでいます。 ですが、今回の作業では未だ北側のスギは剪定しておりません。 このスギの剪定については様々な意見があり、台風被害防止のためスギを半分の高さに切り下げてほしいという意見もありますが、この木を地域の景観資源として考えると、

アーカイブ
まだタグはありません。

​株式会社 季節の詩 662-0084 兵庫県西宮市樋之池町 20-7-102

TEL 0798-70-2680

Copyright2013 株式会社 季節の詩

All Right Reserved.