海清寺さんで庭仕事

青い空が気持ちいい(^-^) 6月1日の開山忌を迎えるにあたり 本日も海清寺さんで庭仕事です。 松の木がたくさんあり 朝から各々が自分の持ち場で剪定しています。 時折 優しい風が流れる中 お経の声を聞きながら先人たちの優しさを感じながら雲水(禅寺の修行僧)さんも一緒に庭仕事です。青い空に包まれながら午後からも 良き一日でありますように(^-^)

フラワーフェスティバルに参加

若い二人が作った 温故知新の庭 完成です(^^) 明日から西宮市役所前で開催される西宮フラワーフェスティバル プロ部門として出展する2m×2mの展示ガーデン「温故知新」の庭 完成しました。 古きを訪ねて新しさを知る 庭師としてでなく 一ひとりの人間として伝統から古典から先人の生きてきた道から感じ取り心に刻むと。 今回の素材は何一つ買い足すことなく全て自社材料置き場と自宅庭にあるもので作り上げました。素材(石や植物や枯木や井戸)が生きて来た命に感謝すること 庭作りは ここからスタートです。 この大切なことを理解してほしいゆえに今回は新入社員のタケちゃんとマサタカの19歳20歳 コンビにデザインと施工を任せました。 今朝から始まった庭作り 夕方には無事完成作りあげたので今ホッとしています。 施工中は時折 先輩オグちゃんが 二人のことが心配で何度もアドバイスをしに見に行ってた姿が何よりも美しく何よりも温かくオグちゃんの優しさと強さに胸が熱くなりました。 明日金曜日から日曜日のPM16時まで開催しています。 お時間合えば是非若い二人が作った「温故知新」の庭を見に来てください(^^) 明日も良き一日でありますように。

社内ミーティング

ガンバレ19才と20才の庭師さん(^-^) 西宮フラワーフェスティバルの植栽をマサタカと新入社員のタケちゃんにデザインと施工を任せたたことから最終打ち合わせを今しています。 今回の我々が描いたテーマは「温故知新」です。 古きもの伝統、古典の中にこそ新しい命の息吹き、芽生えがあり そういう意味においても 20才と19才の若い人が新しい風とセンスと命の鼓動で どう向き合っていくか?楽しみです。 明後日から西宮市役所前で開催される西宮フラワーフェスティバル お時間合えばお越しください(^-^) 明日も良き一日でありますように。

鶏足寺さんの春(^-^)

奥丹波にある鶏足寺さんの今日の景色です。 見事に満開のサクラが咲いています。 今年は想像を こえる大雪が降り ここ数年で一番厳しい冬でしたが 必ず春が来ることを 一年に一度 大自然からご褒美を頂けることの感謝の気持ちでいっぱいです(^-^) 今あるものを しっかりと観る ここからがすべてが始まります。 明日も庭仕事 良き一日でありますように

奥丹波の鶏足寺さんで庭仕事

56億7千年の庭に芝生を張りました(^-^) 今日は奥丹波の鶏足寺さんでの庭仕事巨鼇(おおがめ)の庭の鶏足山に芝生を張りました。 鶏足山とは仏陀の弟子 摩訶迦葉(まかかしょう)さんが56億7千年の未来に 弥勒菩薩さんが この世界に現れる日まで仏陀の大切なものを預かって待ってるいるという伝説の山です。 今回はフラットの地面から 土を大量に盛り山を作ることからスタートしました。 中国の伝説の巨鼇(おおがめ)が大海を自在に泳ぐように 鶏足山の山の上に涅槃図を想像できる石組を組み 本日無事芝生を張りました。 少し足らないくらいで待つことも 作った景色が もとからの風景と馴染むまで待つのも 我々庭師の大切な仕事です。 56億7千年も生きる自信は ないですが今日という日を大切にして明日の朝を笑顔で迎えることだけは自信があります(^-^) 時空を超えて 大いなる命の輝きに乾杯!!明日も庭仕事 良き一日でありますように。

海清寺さんで庭仕事

雨の香りが美しい(^-^) 本日も海清寺さんで庭仕事です。 黄色の菖蒲が咲きだした 放生池の松の剪定をしています。 お経の声がロックに聞こえる中雨の香りが美しいです(^-^) 植物たちの笑顔を感じながら若い庭師さんと魂を高め合いながら。 本日も良き一日でありますように(^-^) 石坂拓司

石畳を作っています(海清寺さん)

西宮市の海清寺さんで 雲水(禅宗寺院の修行僧)さんたちと一緒に 西門から南の赤門に続く石畳を作っています。 南北朝時代に創建された由緒ある寺院である優しい風が流れています。 今を生きる命の鼓動に 先人たちの魂に 土地の神様に感謝の気持ちで いっぱいです。 午後からも 気持ちを締めて庭仕事 良き一日でありますように(^-^) 石坂拓司

子供の日は「巨鼇(おおがめ)の庭 」の庭作り

昨日も丹波の鶏足寺様で庭仕事でした。 寺院の北西から山に向かう空間に中国の四神「玄武」をイメージした石を島の両端に据付け巨鼇(おおがめ)が大海原を自在に泳ぐような大きな亀島を作っています。 完成まで まだまだ時間はかかりますが亀島の骨格が仕上がり 熊野神社に続く直線上にあることから亀島の頂点に磐座をイメージした石組を据え神と仏を結ぶ空間になり 大空に羽ばたく鶴のようにお釈迦様が悟りを開かれた菩提樹を植えました(^-^) 子供の日に鶴も亀も動き始める「 巨鼇の庭」の庭作り 本日も庭仕事良き一日でありますように 石坂拓司

加古川の源流を聞きながら庭仕事

本日も快晴なり 庭仕事順調です(^-^) 鳥たちのさえずりを聞きながら加古川の源流を聞きながら鶏足寺さんでの庭仕事順調に進んでいます。 山の香りも草の香りも風の薫りもさわやかで気持ちが良いです(^-^) 夕方まで もう少し 良き一日でありますように 石坂拓司

若いって 良いなぁー(^-^)

丹波鶏足寺様の庭仕事から帰って食事をした後今月開催されるフラワーフェスティバルの出展する展示ガーデンの打ち合わせ中です。 色んなアイデアを出しあって 今から図面を描きはじめます。 タイトルは「温故知新」古きものの中に新しさがあります。古きものの大切さをフラワーフェスティバルの中で伝えようと話しあっているところです。 マサタカもタケちゃんも河合くんも気合いバッチリです(^-^) 若いって良いってなぁー!! 明日も庭仕事 良き一日でありますように 石坂拓司

鶏足寺さんで庭仕事しています(^-^)

ひと山越えれば但馬の国 今朝から奥丹波にある鶏足寺様の造園工事始まりました。 菩提樹やナナカマドを移植して寺院の西に新しい庭空間を作らせて頂いています。 山の新緑が美しくて 植物たちが笑っています(^-^) 5月の風を感じながら 良き一日でありますように 石坂拓司

アーカイブ
まだタグはありません。

​株式会社 季節の詩 662-0084 兵庫県西宮市樋之池町 20-7-102

TEL 0798-70-2680

Copyright2013 株式会社 季節の詩

All Right Reserved.