植物を通して心を繋ぐ

 

植物を通して表現する

 

植物を通して心地よさを届ける

 

植物は自然のままには生きられない。

だから私たち(庭師)がいる。

 

風がそよぐ、木漏れ日が差す

鼻をくすぐる、味わう。

​自然を感じられる毎日に。

​「季節の詩」

 

・庭空間を心地よく思っている人がいる

・庭空間を苦痛に感じている人もいる

・どちらも助けられる​

 

当たり前じゃない空間を

当たり前のように暮らしに届ける。

木を植える、剪定をする、空間をつくる。

どれも当たり前のように行っていますが、​

自然とは本来、ヒトの手に負えないほどの生命力があります。

どんな場所でも育つものもいれば

細やかに手をかけないと弱るものもいます。

それを、暮らす人が大事にできるサイズでお届けする、

それが「季節の詩」です。

街中でも山の中にいるような暮らしを、

自然を感じられる風景を、

少しでも緑を身近に感じられる空間が

庭であり緑化空間です。

 

 

手をかけるほどに価値のある空間に。

「無法地帯の空間」を庭と呼べないように、

いま人と寄り添っている緑化空間は

手をかけられてこそ、

人の暮らしを、心を豊かにします。

自然のままでは共存できないからこそ

共存できるまで手をかけます。

 

季節の詩は場所、スケールにとらわれず

植栽、剪定、造園工事、植木の配達を行う会社です。

樹木や石、水、草花など、人間が文明を持つ前からある、

言わば当たり前のものを使って

人の暮らしをより豊かに、

​街の景観をより自然の景色にしていきます。 

​植物を通して自然を届ける。

植物のある暮らし、植物と寄り添う暮らし。

私たち先代の、もっともっと前から当たり前のように

ある植物との生活ですが、

本当にそうでしょうか?

自然とは人が手を付けていないもの。

 

​植物を通して自然を届ける。

​緑を通して繋がり広がる。

木を植える、剪定をする、空間をつくる。

当たり前じゃない空間を

当たり前のように暮らしに溶け込ませる。

 

本当の豊かさとは何か

土から食物ができる不思議

人智ではどうにもならないはずの緑の力を抑制し

成り立っている生活

それを切り拓いてくださった先人たちに感謝

共生など簡単なものではない。

殺すときは殺す。

​活かし搾取するときもある。

「真理に近づいてるやん、この会社」

って思わせたい
 

「こんな集団に庭づくりを任せたい」

って思わせたい

豊かさって何だろう?

暮らしはどんな暮らしが良いだろう?

と、問い続ける会社

自分の生命を感じられる庭づくり

​オシャレ造園じゃないことを示したい

暮らし、食、すべての中心にあるのが植物という存在です、

我々は植物なしには生きていけないのです。

全力で、いま、ここにいのちある

ということを感じている集団

緑を尊び敬う集団が

​いま、環境や地球とどう向き合うか

私たちは偉大な大地に庭を造り育む毎日を​

自由とは、今まで感じてきた豊かさとは何だったのか

​今、生活を見直すタイミング

創業して10年、2人で始めた開syがここまで大きくなりました。

一貫して想いは変わっておりません。

天地、神仏、大自然(宇宙)に感謝し、

共に生きる喜び、

世界へ、社会へ、そして未来まで

豊かさって何だろう。

心地よい暮らしとはどんなものだろう。

暮らし、食、すべての中心にある植物という存在。​​​​

樹木や石、水、草花のような、人間が文明を持つ前からある、

いわば当たり前のものを使って

自然の景色をつくりあげる、

それが造園にできることです。

手をかけるほど価値のある空間に。

木を植える、剪定をする、空間をつくる。

どれも当たり前のように行っていますが、​

自然とは本来、ヒトの手に負えないほどの生命力があります。

どんな場所でも育つものもいれば

弱いからこそ育つ場所を自分で選ぶものも。

自然のままでは共存できないからこそ

共存できるところまで手をかける。

暮らす人が空間を大事にできるよう、

季節の詩も手をかけてお届けします。

植物を通して感じる心の豊かさ。

 

衣、食、住、

生活の基盤にあるのは植物という存在。

いつも身近にあるのにどこかでまだ求めている。

それは、植物の生きたエネルギーでは

ないでしょうか。

人の生活を豊かにしてきた植物を通して、

やすらげる場所、

季節を感じるよろこび、

ここにいるという安心感、

そういった心の豊かさを感じる時間を

お届いたします。

植物は自然のままには生きられない、

​だから私たち庭師がいる

木を植える、剪定をする、空間をつくる。

どれも当たり前のように行っていますが、​

自然とは本来、ヒトの手に負えないほどの生命力があります。

どんな場所でも育つものもいれば

弱いからこそ育つ場所を自分で選ぶものも。

自然のままでは共存できないからこそ

共存できるところまで手をかける。

植物と暮らす人が大事にできるところまで手をかけてお届けする、

それが季節の詩です。

身近な「庭」という生活空間で家族の時間を大切に育んでいただきたいのです。

 小さなお庭でもベランダのプランターでも、植物や土は人に安らぎを与えてくれます。

水を与えて大切に育てると、植物は元気に育ちます。

 

私達の暮らしも同じですよね。

 

家族との大切な時間、季節の緑が溢れる身近な庭にたっぷりの水と愛情を与え、

家族との大切な時間を育みませんか?

四季を感じ、自然を慈しみながら家族と育てる庭。

想い出を刻む庭。

 

 

私ども、庭のソムリエ・季節の詩は、

ありったけの愛情と小さな遊び心、とびきりの笑顔に包まれた

「あなたの家族と一緒に育つ庭」を

お創りいたします。 

手をかけるほど価値のある空間に。

木を植える、剪定をする、空間をつくる。

どれも当たり前のように行っていますが、​

自然とは本来、ヒトの手に負えないほどの生命力があります。

どんな場所でも育つものもいれば

弱いからこそ育つ場所を自分で選ぶものも。

自然のままでは共存できないからこそ

共存できるところまで手をかける。

暮らす人が大事にできるよう、

季節の詩も手をかけて価値ある空間お届けします。

植物を通して感じる心の豊かさ。

衣、食、住、

生活の基盤にあるのは植物という存在。

いつも身近にあるのにどこかでまだ求めている。

それは、植物のいのちでは

ないでしょうか。

季節の移ろいを知らせる香りや色

木漏れ日から気づく樹木の存在感

実るほどに青から色を変えていく果実

​そういった植物の変化と共に気づく時間。

人の生活を豊かにしてきた植物を通して、

心の豊かさを感じる時間をお届いたします。

Title Goes Here

I’m a paragraph. Double click

me or click Edit Text. It's easy  to make it your own.

Title Goes Here

I’m a paragraph. Double click

me or click Edit Text. It's easy  to make it your own.

IMG_4938.JPG

迎賓庭

2019年

2020.6.4_200701_0042.jpg

原始の森

2020年

43953B37-834F-4D98-B673-495D097EA98A.jpg

​インスタレーション

2019年

80601807-DEEF-4468-966B-873F21D7BAC1.jpg

04

CONSULTING

​株式会社 季節の詩 662-0084 兵庫県西宮市樋之池町 20-7-102

TEL 0798-70-2680

Copyright2013 株式会社 季節の詩

All Right Reserved.